外資系Sierに転職して3か月経った感想

こんばんは。mp_hskです。

今日は与太話として転職して3か月経った感想を書いてみました。

イケてるポイント

個人的にイケてると思っているポイントを書いてみます。

  1. お給料が高い! やっぱり外資はこれですね。有名外資の20台で1千万プレイヤー、ほどではないにしても自分の年齢考えたらもらえてる方だと思います。(今後上がるかわからないけど)
  2. 自由を愛する文化! これは外資というより会社の特徴だけど、基本クラウド前提のビジネスを展開しているのでインターネットがあればどこでも仕事ができる。だから成果さえ出してれば作業場所や時間についてあまりうるさくない、個人が最もパフォーマンスを発揮できるやり方を追求していい、というルールになっている。このルールは効率厨の自分にとっては非常にありがたいルールだと思っています。
  3. オフィスに行くメリットを用意している! 具体的にはお菓子と軽食とドリンクフリーな点。会社に行けばこの辺無料で使えるし、ほかにも色々備品があってなんだかんだ仕事がはかどるので、仕事場所を規制されなくても自発的に自然にオフィスに行くようになる、という点が素晴らしいと思った。
  4. 風通しがいい! 今会社規模が小さいからもあるけど、社長が普通に近くにいて挨拶やら雑談やらできる環境だし、1on1も定期的に設けてくれてるので意見が言いやすい。もちろん全部自分の意見通るわけではないけど、否定ではなくディスカッションでよりアイディアをよくする文化なので意見するのを徒労に感じない点も〇
  5. 楽しいを大事にしてる! 会社の文化として Fan を大事にするカルチャーがグローバルの本社にも日本法人にも根付いているので、会議中に気さくなオッさん(CEO)がジョーク飛ばしたり、マーケティングの偉いオバチャンが高笑いしてるのに周りから総ツッコミ入ったり、わりとラフでフリーダムな雰囲気の中で仕事できます。こういうのが好きなひとには自分もそうですが居心地いいです。

イマイチなポイント

イケてるポイントだけでなくイマイチな点も書いてみる。

  1. リソースが足りない! 営業力はあるので仕事は多いが人の数が足りてないのは会社としても大きな課題としてとらえているし、実務でも感じることが多い。ただ一人にオーバーワークかからないように配慮してくれてるので毎日終電、とかは今のところない。
  2. 若い会社のわりに年齢層が高い! これはリクルート外資系エージェントとかLinkedinとかリファレンスに頼ってるので仕方ない部分があるけど、もう少し平均年齢下がった方が社内が元気になっていいと思う。
  3. 教育などがしっかりできてない! これも小さい会社にはありがちだけど、基本的に若い人をじっくり教育しようってのは難しい状態で、この状態はしばらく続きそう。まぁ技術スキルは自分でキャッチアップすればいいにしても社内制度とか、社内システムの使い方とかはもう少し充実させてほしいかな。
  4. オフィスが手狭で頻繁に座席移動がある! このポイントに関しては人が増えてきたら早めに対応してほしい。ほぼ月1のペースで座席の移動があるのは結構しんどい。

英語について

外資で気になるのは英語のことだと思いますので言及しておきますと

まず、自分はTOEIC 400切るくらいの英語クソザコナメクジです。

が、会社ではとりあえず仕事はできています。

会社のスタンスも、「英語はできることに越したことはないが必須とはしていない」なので今英語ができなくても大丈夫です。

ただ、やっぱり本社の役員メッセージや、一般社員のアイディア投稿などは英語でバンバンメールが来たりするので、できた方が幸せだとは思います。

メールできたり身近にしゃべれる人いたり、英会話補助があったり、何より遠く海外にいる面白いやつらとコミニケーションとりたい!というモチベーションが発生するので、英語勉強する環境としてはいいんじゃないかと思います。

自分も学生時代は大嫌いな教科でしたが、年末に力試しTOEICを受けてスコア上げるために頑張るかー、ぐらいにはモチベーション保って勉強つづけられています。(身になってるかはわからないけど、インド人の同僚との会話が、単語オンリーから少し文章になってきたりすると結構うれしかったりしましたね。)

最後に宣伝

このブログはおそらく見てる大半の人が知り合いだと思うけど、もし僕の知り合いでない人で、うちの会社に興味を持った人がいらっしゃたらとしたら

弊社は絶賛仲間を募集中なのでコメントでお知らせいただければもう少し詳しい話ができるかと思います。興味のある方はぜひよろしくお願いします。