JSUG Spring Fest 2018に行ってきた

現職では雑用係が板についてきた mp_hskです。

さる 2018/10/31に日本Springユーザーグループ主催のSpirng Fest 2018に行ってきました。

このイベント、実は直前まで存在をしらなかったのですが、知り合いが登壇するとのことだったので急遽参加を決めました。結果的には良いセッションを聴講でき有意義な時間を過ごすことができました。

今日は参加したセッションの概要(+公開されているものはセッション資料)を紹介したいと思います。

 

これからSpringを使う開発者が知っておくべきこと

登壇者: 土岐 孝平さん

資料:

www.slideshare.net

内容は、Spring Bootの基本的なアノテーション、DIコンテナの解説が中心。

初心者向けに非常にわかりやすく解説されており、なんとなくSpringを使っている人にはぜひ見てもらいたい内容でした。

それにしても、むかしはProxyを挟むためにBeanはかならずInterfaceとimplに分けなきゃいけなかったのに、最近は便利になったなぁと感じます。

 

Tymeleaf さいしょの一歩

登壇者:伊賀 敏樹さん

資料:

www.slideshare.net

僕の前職の知人で、Javaの本書いてたりためになる技術ブログ書いてたり、実業務で構文解析ツール自作したりするすごいおじちゃんですw

内容的には、Spring Webが推奨してるのHTMLテンプレートエンジンである Thymeleaf の入門です。

ThymeleafはJSPやらJSFやらからいいところをできるだけスマートに持ってきた感じですごいいいエンジンなのですが、何分公式ページが縦に長すぎて心が折れるのでさわりだけでも解説があるとすごく触れやすくなります。

フロントのギークなエンジニアはもうSPAとかVue.jsとかに行ってる感じですが、まだまだ既存のVBとかの業務システムをJava/Webに移行する案件とかは多いはずなので、そういうのに参画されている方は是非一回読んでみて、Thymeleafを使ってほしいですね。それにしても、Spring Initializer 便利だな。

Spring BootでつくるRESTfull Web Service

登壇者:大野 渉さん

資料:

www.slideshare.net

内容はRESTfullの基本的な概念と、Spring MVCのRestControllerの解説が中心でした。

現職でもいまのWebサイト機能をWeb API化しようという動きがあるので、RESTfullの基本を再復習できたのは非常に良かったです。

SpringのRestControllerはすごい直感的で使いやすいので、現職のAPI化でも使いたいのですが、Javaのアップデートスケジュールが厳しいので悩みどころですね。

やはり Kottlinなのか。。。

こちらの解説も非常に初心者向けでわかりやすいので興味がある方は是非スライド参照してみてくださいね。

 

 

今回は上記3つのセッション参加で力尽きたので途中下車しましたが、たまにはこういうイベントに参加するのもいいもんですね。

最近技術から大分離れてマネジメント寄りになっているので、たまには技術にも触れてエンジニア魂を活性化していきたいと思います(小並)